天井の梁がとってもかっこいいリビングに仕上がりました。

部屋がピシッとしまります。

アンティークな1960年代にタイムスリップしたような落ち着いた

部屋になりました。

床はウォールナットで、壁のレンガもとってもシブいです♪

棚はアンティーク調で統一。本の飾りは洋書と小物です。

家事カウンターです。

無垢(ケヤキ板)の高級材です。色はウォールナットで仕上げました。

パソコンを置いたり本棚にしたりと、

キッチンテーブルの横にあればなにかと便利です。

キッチンは対面式でお手伝いもしやすく、

家族とコミュニケーションをとりながらお料理ができます♪

シンクは、汚れが気になる継ぎ目や排水口もサッと

お掃除が出来るような設計になっています。

しかも、水ハネ音が静かな静音設計です。

まな板スタンドも付いているのでとっても便利ですよ♪

蛇口は浄水器付です。

キッチンの隣の畳スペースはおしゃれな照明がアクセントになって、

とっても素敵に仕上がりました。

畳スペースには収納スペースもしっかりついているので、

お部屋がすきっり片付いてとても便利です。

リビングから吹抜けを見たところです。

キッチンダイニング上部の吹き抜けから

光が注いで明るく開放的に仕上がっています。

吹き抜けの天井にはトップライト。光を調整できるように

電動ブラインド付きになっており、雨の時はセンサーで自動で閉まります。

家の中に光が降り注いでとっても明るいです。

天井にはプロペラファンも付いていて、

いつも室内の空気を循環してくれます。

冬は暖かい空気を部屋中に運んでくれます。家中暖かい空気が流れ快適です。

キッチンの裏にはたくさん収納できるパントリーがあり

収納するものに合せて10㎝単位で棚板が動かせるようになっていて

とっても便利です。キッチン廻りがいつもスッキリ♪

キッチンの横には中からも外からも入ることができる外倉庫付きです。

食品庫として使うもよし、冬用タイヤを置いたりもできます。

室内で保管したくない生ごみの一時置き場としてもつかえますよ♪

トイレにはシンプルな埋め込み収納付きで、とっても便利です。

超節水型トイレで年間約13,800円節水できます。

洗面所にはタオル、洗剤等なんでも整理してくれる大きな棚もついています。

洗面台は大きな三面鏡で、朝の支度も快適です。鏡の内側は、

小物などの収納ができるスペースがあります。

ホースは引き出せるので、様々な用途に使えます。

お風呂は広々、足を伸ばして湯船につかれます。

高断熱浴槽を採用しており保温効果がとっても高いです。

厚さ約80㎜の発泡スチロールが浴槽全体を包み込んでいるため

湯はり後4時間たっても約2.5℃しか温度がさがりません!

2階の主寝室です。紺色のアクセントクロスが周りの白いクロスと

ウッド調の床と調和して、とてもオシャレに仕上がりました。

クローゼットがついているので、衣類もたっぷり収納できます。

大きなバルコニーにはスリッパを履いたまま出ることができます。

表面に水が残りません。

2Fの洋室は2部屋ともポップなカラーで可愛らしく仕上がりました。

パイプハンガーも設置してあり、衣類の収納も楽々です。

2Fにもトイレがついています。

わざわざ下まで降りなくても大丈夫です!

2018.2.9

職人さんが玄関ポーチを仕上げてくれています。

タイル貼りとアクセントの玉石を一つ一つ丁寧に

手作業で埋め込んでいきます。

おうちの中の壁には隙間なくプラスターボードが施工されました。

2×4住宅は燃えにくいプラスターボードを天井や壁の

内側全面に貼っていくため着火するまでの時間を大幅に遅らせます。

省令準耐火構造で火災保険料も木造在来工法の家のおよそ半分で経済的です。

この上からクロスを貼っていきます。

2Fの吹抜け部分にもクロスが貼られていきます。

吹き抜けの天井にはトップライト。

家の中に光が降り注いでとっても明るいです。

天井にはプロペラファンも付いているので、

いつも室内の空気を循環してくれます。

主寝室の壁には紺色のアクセントクロスが貼られました。

周りの白いクロスとウッド調の床の色と調和し

とってもオシャレに仕上がります。

窓にはトリプルスマージュ(3重ガラス)という高断熱樹脂窓を

採用しているので遮音性もあり、更に冷暖房効率もアップし

家計も助けてくれます。

樹脂サッシで結露の心配もなく、紫外線94%カットしてくれる優れ物です。

完成までもう少しです!お楽しみに♪

2018.1.20

足場も取れて、ブルックリンをイメージした

レンガ調の外観ができあがってきました。

2018.1.10 -外装下地検査-

JIOによる外装下地検査です。

隙間なく遮熱シートが施工してあるか、

シートのかぶり長さがあるかなど細かくチェックしています。

遮熱シートを施工することにより外壁から室内への熱の侵入を

大幅に妨げます。

いよいよ完成も近づいてきました♪

2018.1.6 -吹付け断熱-

発泡ウレタンという断熱材を隙間なく吹付けていきます。

発泡ウレタンとは、発泡させて作った充填式の断熱材です。

発泡状の断熱材であり、高い断熱性能を発揮してくれる

頼もしく理想的な断熱材です。

躯体に直接吹き付けて発泡させるので隙間なく一体化した断熱材構造で、

優れた気密性を発揮します。

吹付け断熱は断熱性能が落ちにくく、経年変化も小さいです。

しかも収音・遮音効果まで期待できます♪

2017.12.21 -躯体検査-

建方も終わり、建物全体の姿が出来上がっています。

JIOによる躯体検査が行われました。

一級建築士の資格を持つ検査員が、隅々まで厳しくチェックします。

JAS(品質保証)規格の構造用合板を使用し、きっちりと

補強用帯金具も取り付けられました。

構造計算により算出された施工法で耐震の面でも安心・安全です。

 

2階天井部分です。金具もしっかり取り付けられ、

とても丈夫な建物という事がわかります。

2017.12.20 -土台据え-

基礎の上に土台を緊結させました。

土台に使用する木材には、防腐防蟻の薬剤処理が施されています。

土台と基礎の間には、基礎パッキンを設置します。

床下の通気を行い、空気環境を良好に保ちます。

断熱材が隙間なく敷きつめられ、断熱材の上から

構造用合板を貼っていきます。

床の構造用合板は厚さ24mm。

この上に、仕上げフローリングを貼っていきます。

2017.12.9 -基礎配筋検査-

基礎配筋が組み上がり、配筋検査を受けました。

お客様が安心して家に住むことができるように、

一級建築士の資格をもったJIOの検査員が検査をします。

基礎の配筋の太さや間隔を厳しくチェックされます

配筋は25cm間隔のサイの目状に綺麗に組まれています。

熟練した職人さんが加工された鉄筋を一つひとつ、

緊結させ綺麗に組みあげました。